がん治療の種類の豊富さ

日本人の死因の上位を占めている病ががん。早期発見をすることによって完治もしやすくなりますが、その早期発見が難しいことがあります。1年に1回は健康診断を受けてチェックをすることが大事です。また最近ではがん治療の種類も豊富です。色々な治療方法があるので、自分の体に合うものを選択することができます。民間療法もありますが、対応をしている医療機関と対応していないところもあるので、事前にどういう治療を受けることが出来るのか、ということもチェックしておくとよいです。がんの治療に詳しい、その技術力が高い医療機関もあります。今はしっかりと本人の告知をし、その上で本人とどのような治療をしていくのか相談をすることが多いです。自分で様々な方法を試していくことも大事ですし、効果を得ることが出来る方法を見つけ出すことも大事です。

がん治療で脱毛の後遺症

がん治療には、放射線による治療法がある事は、知っていました。肉親でも、何人もがんを患っています。母はまだ治療の方法の無い時代に白血病で亡くなりました。父は、見つかった時には、すでに末期でしたから、延命治療はしませんでした。兄は、胃がんでしたが、やはり見つかった時には、すでに末期でした。母や父や兄は、がんが見つかった時には、すでに手遅れでしたから、治療も痛みを抑える治療が殆どでした。その他に、姉は甲状腺がんを患いましたし、妹は胃がんを患いました。しかし、姉と妹は早期発見でしたから手術で治りました。姉と妹は、術後20年以上再発することなく過ごしています。ですから身内の者は、だれも放射線治療を受けませんでしたから、その後遺症は、テレビドラマでみた事があるくらいのものでした。ところが、この間、お隣に用事があって出かけたのですが、その時、出てきたおじいさんの頭には、すっかり毛が無くなっていました。放射線治療で脱毛が起こったのだと言うことでした。放射線治療の後遺症というものを初めて実際に見て驚きました。

がん治療の方法を知りたい方へ

がん治療の方法には、どのような方法があるのかをあらかじめ知っておかれることをおすすめしておきます。まず、手術での療法があります。この方法は、元になっている部分を切除し、その周辺の組織も取り除く方法で早期のものに対してや、ある程度進行をしているものであっても、切除可能な場合には積極的に行われる方法です。検査ではわかりにくい小さなものであっても切除をすることによって完治することが多いということです。ただ、手術になるということから、体に傷が残るということ、それから臓器を摘出した場合におきましては、臓器の機能は失われるということがあります。そのため、切除の範囲を最小限にとどめるという方法で行われたり、内視鏡などによって行われる手術として、体に負担の少ない手術が、がん治療の方法としてあることを知っておきましょう。

4種類以上の長鎖ペプチドを使った製造技術で、がん細胞の認識力が高い強力な多価樹状細胞ワクチンを提供。
開発した治療法に満足することなく、より良い治療を求めて、日々研究に取り組んでいます。
がんと診断された方、がん治療を経験され再発や転移が心配な方、どんな段階でも、最良の治療を提案します。
人を診る、人生を支えるがん治療を提供しています。
治療の手立てがない方にも前向きな治療を提案します。
がん治療のご相談は当クリニックへどうぞ